医者

注射するだけの脂肪吸引治療を受けよう【病院選びが大切】

多種多様にある施術方法

医師

傷跡も気にならず安心

脂肪は、運動や食事制限だけではなかなか減らすことのできません。そんな厄介な脂肪をしっかりと取り除いてくれる方法が、脂肪吸引です。結果がすぐに実感できるのも脂肪吸引の魅力です。そんな脂肪吸引には、様々な方法があります。ベイザー吸引法は、皮下に麻酔薬を注射した後に気になる部位の皮膚表面を2cmほど切開し、カニューレを挿入して脂肪を吸引します。その際にベイザー波により脂肪を溶解し、吸引しやすくするのが特徴です。内出血なども少なく、ダウンタイムも短期間で済みます。ボディジェット法は、最近注目されている脂肪吸引方法の1つです。カニューラからジェット水流を噴射することにより、筋肉層と脂肪層を分離し脂肪を吸引します。周辺の組織を傷つけることなく施術することができるので、施術後の痛みや内出血などのトラブルを抑えることが可能です。この方法では、痛みが少ないため全身麻酔をする必要がないので安心です。比較的安価で施術が受けられるのも、ボディジェット法の魅力だといえるでしょう。吸引機器を使用せずに脂肪吸引を行なうシリンジ法は、古くから行なわれている方法です。この名称は、チューリップシリンジという注射器を用いることから来ています。医師の手による作業になるため、吸引量を調整することができ希望のボディを実現するのには効果的です。ただし、医師の技術力が大きくものをいう施術なので、臨床経験の豊富な医師を選ぶようにしましょう。レーザー脂肪吸引では、吸引の前にレーザーで脂肪を溶解します。その方法には、2種類あります。麻酔注射を施したのちにカニューレからレーザーを照射し脂肪の溶解が確認された後に吸引を行なう方法と皮膚の上からレーザーを照射し脂肪を溶解して吸引する方法です。合理的で施術時間も短い点が魅力だといえます。麻酔注射などは苦手という方には、切らない脂肪吸引がおすすめです。メソソラピーは、皮膚を切開することなく脂肪を減らすことができます。メソソラピーとは、注射針を使用して気になる部位に脂肪溶解に効果のある薬剤を注入する方法です。薬剤により溶かされた脂肪は、尿などと一緒に体外へ排出されます。