医者

注射するだけの脂肪吸引治療を受けよう【病院選びが大切】

手軽でも話し合いは大事

ナース

カウンセリングは綿密に

痩身のための治療の一つが脂肪吸引です。読んで字のごとく脂肪を吸い出して痩せるというものです。体に溜まった脂肪を直接取るために確実性があり、ダイエットが失敗続きの人などによく利用されています。脂肪吸引の仕組みを知っておけば、これから受ける時の参考になるでしょう。どんな道具を使って治療をするのかなど、基本的なことを押さえておきましょう。体が太る原因は、体脂肪を形成する脂肪細胞の働きです。脂肪細胞には体に入ってきたエネルギーを蓄える働きがあり、それによって肥大化した細胞に押される形で体が太っていくわけです。脂肪吸引では、この脂肪細胞を取り除きます。体のふくらみを作っている存在を根こそぎ取ることで、効果的な痩身が可能なほか、太りにくい体質も手に入ります。安全性が高く、リバウンド防止効果もあります。手軽さと実用性を兼ねており、脂肪吸引はスリム体型を目指す人に絶大な人気がある整形治療となっています。脂肪吸引では、体内の脂肪を吸い出すために管を刺します。結構太めの管ですが、麻酔を使ってくれるので痛みはありません。管を刺した後は特殊な薬品を注射して脂肪を溶かし、液化した脂肪を機械で吸い取ります。例えるなら、大きな注射器で脂肪を吸うような感じでしょうか。脂肪吸引が終わった跡は、しばらく様子見をします。脂肪吸引で使う機械には、いくつか種類があります。注射の要領で吸い出す仕組みということは変わりませんが、傷が大きさやダウンタイムの期間などがそれぞれで異なります。機械は適当に選べばいいわけではなく、自分の体の状態や吸い出す脂肪の量といった条件と合致していなければ、適切な手術にはなりません。そのため、どの機械が自分に合っているのかを最初に確認しなければなりません。施術前のカウンセリングで、お医者さんと入念に話し合いましょう。しっかりとした話し合いは、お互いが納得したうえで治療するのに欠くことができません。医者側からすると、適切な機械を選ぶための材料が治療を受ける人の中にしかないため、話し合いが適当になっては困ってしまいます。注射感覚の手軽さは、綿密なやり取りがあってこそ成り立ちます。